タグ:映画 ( 6 ) タグの人気記事

Follow 29Q_punch on Twitter

orange
30年以上『漫画』・『コミック』というものを読んでいなかったのに
つい最近この漫画にガッツリはまってしまった鯖猫です^^;
b0029706_16144.jpg


原作者の高野苺さんは松本在住で
この作品は松本が舞台となっている青春SFラブストーリーです。
絵はかわいいし、ストーリーはキュンときます(^^)

背景は水彩画のように淡い色彩が美しく
全てがリアルに地元の風景を描写しています。


第3巻の表紙は、鯖猫の家の前(個人情報大丈夫か)、玄関から徒歩30秒の風景です。
表紙以外にもストーリーのそこかしこに松本の地元情報が出てきます。
「中央図書館」
「ゆうがたGET」(ローカル番組名)
「松本山雅」(サッカーチーム名)
「あがたのもり公園」
城山公園
弘法山古墳
松本城
四柱神社
などなど、リアルに松本を背景にしたシーンが満載なので
なんだか嬉しくなってしまい、どんどんハマっていきました。

んでね、
そのorangeが実写化されて映画になるんですよ~。
映画orange公式サイト
高野苺orange特設サイト
orangeまとめ

昨日、一昨日と二日間、鯖猫んちの前の通りで撮影があって
まれ(土屋太鳳ちゃん)とエル(山﨑賢人くん)が来ていたの~(*^^*)
(そこはorangeの役名で呼ばないのか。エルはデスノートだよ;;;;)
鯖猫は残念ながら、シゴトで撮影を見ることはできなかったんだけど
テンション上がっちゃうよねー。

マンションですれ違った住人の高校生に
「撮影見れたの?いいなぁ~!!」って言ったら
コーフンして「賢人くんかっこ良かったー!って言ってました(^^)

10月上旬くらいまで撮影が続くそうです。
12月公開なので、絶対劇場に見に行きたいと思っています。

松本駅などの観光案内所では
orangeに出てくるシーンをMAPで紹介したリーフレットがもらえますよ!
これから松本に旅行に行こうかな~と思っているアナタ!要チェックですー(^^)/
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2015-09-17 23:45 | 松本アレコレ
神様のカルテ2
今夜、試写会で見てきました。
先日の試写会には翔くんが舞台挨拶に来て、客席のみんなと一緒に写真を撮ってくれた、とか。
いいなぁ~^^

今夜は、翔くんの姿はなかったけど、映画、楽しめました。
映画『神様のカルテ2』公式サイト

病院ものは昔の『白い巨塔』から、最近の『チームバチスタ』まで、
いつの時代も、ドラマ性のある舞台の一つですね。
この『神様のカルテ』は信州松本が舞台となっています^^
(あっ!四柱神社だ!なんて心の中で叫んじゃった^^)

原作者 夏川草介さんは現役のお医者様で、小説家です。
小説の舞台となった相澤病院は、ソチ五輪でも活躍した小平奈緒さんが所属している病院です。

鯖猫も、五十肩と診断されたのち、最終的に通ったのが相澤病院でした(←要らない情報)。

つーか、相澤病院は、個人病院にしては相当な規模ですよぉ~。
ヘリポートもあり、山岳救助なんか、ここに運ばれることが多いとか、聞きました。
国内でも数少ない陽子線治療ができる病院らしいです。




さて映画ですが・・・(前置きが長いよ)、


良かったっす(えー、それだけ?)。
まぁ~、そんなに演技が上手いとは言えない翔くんを
主役級の豪華脇役陣が熱演し、作品を盛り上げています。

悪人は一人も出てきません。

素直な心で観てください。
命の尊さと、家族の存在を実感します。

そして
この小説の最大のテーマである地方医療のあり方について
そこは、ちゃんと、描かれています。

翔くんの
『医師の話をしているのではない、人間の話をしているのだ!』
という力強いセリフは胸を打ちます。

辻井くんが作曲した美しいメロディに
サラブライトマンの澄んだ歌声・・・・エンディングテーマ曲は
冬の北アルプスのイメージにぴったりでした。

3月21日公開。
ぜひ劇場でご覧ください。
冬の美しい安曇野・松本が舞台です。
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2014-03-18 23:58 | 映画やドラマや本など
岳-ガク-
オフィシャルサイト
注!大音量でコブクロのテーマ曲が流れます
ひと月以上前になりますが、・・・観てきました。
b0029706_21373711.jpg

原作:石塚真一「岳」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
監督:「パズル」「花より男子」などの片山修
脚本:「働きマン」の吉田智子
音楽:佐藤直紀
ヤマト・海猿・銀色のシーズン・三丁目の夕日など数々の大ヒット作を手がける佐藤さんの音楽は
北アルプスの雄大な大自然に見事にマッチし、それはそれは見ごたえのあるシーンの連続でした。
出演:小栗旬・長澤まさみ・佐々木蔵之介・渡部篤郎・市毛良枝ほかベテランが脇を盛り上げています。



山は生きる元気を与えてくれる。
この映画を見たら、きっと誰もが山に登りたくなる。
名峰並び立つ日本アルプスを舞台に、山岳救助ボランティアの主人公・島崎三歩(小栗旬)と
仲間たちが繰り広げる感動の人間賛歌です。

この映画では、山の美しさ、登山の楽しさは勿論のこと
当然のことながら、山の怖さ、大自然の厳しさも伝えています。
命取りとなる山での遭難や事故、助けは届かずこのまま死ぬのだと自覚する恐怖が
ちゃんと描かれていると思います。

ロケは穂高岳や八方尾根、松本市や大町市で行なわたそうです。
北部警察署の建物は大町の山岳博物館で、
少年の通う小学校は大町北小学校、
三歩が道に迷う街中の橋は女鳥羽川の幸橋、
久美が入院した病院は松本医療センター・・・・らしいです。
(ローカルなネタです^^)

撮影協力のクレジットは、地元ならではの楽しみ方がありますね^^
目を皿のようにして、隅々まで読みました(笑)



映画を見終わった後、ノビをしながら
「あー山行きたいー」と叫びたくなるような清清しい作品でした^^


松本ではGWからの公開ですが
ロングランで、今も尚上映しているようです。

雄大な大自然を体感できるので
ぜひ劇場の大きなスクリーンでご覧ください^^
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2011-07-04 22:21 | 映画やドラマや本など
八日目の蝉
直木賞作家角田光代の小説です。

映画にもなったし、先日NHKでドラマ化されましたね。
映画は観ていないんだけどもTVドラマの方は見ました。

母性がないせいか・・・・
私にはどうも理解できない部分が多く、感情移入することはありませんでした。
・・・てゆーか、後味の悪いオハナシやったわー^^;


嘘をついて人を欺きながら、善意に甘えるなんてありえないし
法に触れることをして逃げ続けるとかも想像つかないし・・・・

自分が誘拐した子供に対する愛情はクドイくらいに書かれているのに
自分が壊した他人のしあわせについて、自責の念は殆ど描かれていません。
子供を産んだばかりの相手の奥さんの気持ちは?
初孫を奪われた祖父母の気持ちは?

多くの人を悲しませて
しあわせになれるわけがない、

裁判でも謝らなかったね、彼女。

はっきり言って
私はあんな身勝手なオンナが大嫌いです。

しあわせになれなかったのは・・・・・
どんな理由があったとは言え
人に迷惑をかけて、「ごめんなさい」と言わないようなオンナだったからだと思う。
自業自得です。


・・・・と言いたくなるようなオハナシでした。
とは言え、TVドラマはやっぱりドラマチックな場面展開が美しく、
泣かせるところでは、しっかり泣かされてしまった私です(^^ゞ



あ、関西人のくせに小豆島には行ったことがなく
一度は行ってみたいなぁ~と思っております^^



映画公式サイト
NHKドラマ



b0029706_2339423.jpg


みなみー、
最近の鯖猫は毎夜毎夜
読書にふけって寝不足だよねー
お肌に悪いよぅ~
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2011-07-03 23:41 | 映画やドラマや本など
SPACE BATTLESHIP ヤマト
久々の映画カテです^^

先日のエントリーでも書きました通り、鯖猫はどっぷりヤマト世代です。
実写化不可能と言われた通り、やっぱり実写には無理がありました。
それはね、あの大作には2時間で描ききれないヒューマンドラマがいっぱいあるから、なの。
ただただ戦闘シーンだけを美しく描いたところで、往年のヤマトファンには「それだけじゃない」感が残るのは否めないこと。

古代クンや真田さん、艦長に負けず劣らずファンが多いキャラの一人に
ガミラス帝国のデスラー総統があり、イスカンダルのスターシャがあります。

その美しすぎるキャラクターを演じられる日本人っている?
って思っちゃうよねぇ

まったくその通り、この実写版には、彼らは実写として登場しません。
なるほどー。そうきたかー、という感じでした。

そういう点でのがっかり感を抱きつつ、それでも、この作品を公開初日劇場で観て良かったと思えるのは
本当に映像が美しく、俳優陣の熱演が伝わってきたからなのです。
原作アニメを越えられなくてもいいの、これはこれでオッケーです。
素晴らしい出来栄えでした。

****************************
古代進・・・木村拓哉
森雪・・・・・黒木メイサ
真田志郎・・柳葉敏郎
島大介・・・・緒形直人
古代守・・・・堤真一
徳川機関長・・西田敏行
沖田十三・・・・山崎努
テーマ曲・・・スティーヴン・タイラー

監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督です。
信州は松本が生んだヒーローです^^
VFX技術は素晴らしいですよ。
エンドロールでは、俳優陣よりも、VFXに携わったスタッフの数の方が延々と多く流れたくらいでした。
撮影期間の倍以上の時間をかけてVFX制作を行ったらしいというウワサも聞きました。


音響効果がイマイチだと感じたのは、、、、、、
私が観た映画館の音響に難があったせいかも知れません^^;
セリフがを左右に振り分けてきこえてくる箇所は単調な気がしました。
空間の中に響く効果に欠けるなぁ~って。


と、

ヤマトに関しては、他作品よりも厳しい評価の鯖猫でしたが
結論は、「劇場でぜひご覧ください」です^^
原作を知らない人の方が素直に泣けるかもなぁ~





ウーマンエキサイトシネマにTBです。
SPACE BATTLESHIP ヤマト
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2010-12-06 00:29 | 映画やドラマや本など
私の中のあなた
試写会で観てきました。
キャメロン・ディアスが主演と出ているのだけど
この作品の鍵となる存在、次女のアナを演じるアビゲイル・ブレスリンの抑え目の演技はすっごいイイです。
この「抑え目」の演技こそが、幼い彼女の苦悩を絶妙に表現しているノダ。

CM予告編でも流れてる通り、両親と兄姉妹の5人家族の愛と絆を描いています。
両親と長男長女の4人家族に、長女の白血病という悲劇がある日突然訪れ
姉の命を救うドナーとなるために、遺伝子操作で「創られて」生まれてきた次女が
両親を訴える、というストーリーです。

ストーリーの早い段階で、それは起きるのですが
私達が気づく点は、次女アナが訴えているのは確かに両親なのだけど
じゃあ、彼女は一体何を望んでいるのか、という点です。
アナは、決して両親に「謝罪しろ」とか「損害賠償を払え」と言っているわけではないのです。
「腎臓の提供を拒否する」という点なのです。
手術を拒否するということは、大好きな姉は死んでしまうというのに。

アナは訴訟を起こすことで、愛する両親が自分を嫌いになるかも知れない、ということくらい十分に解っていて、
そして、そのことで家族がバラバラになってしまうかもしれないということも、十分に解りすぎているのに
それでも、ひとつの覚悟を決めて弁護士を訪ねていきます。

子供だって、大人だって、何かを決断するときは覚悟が要ります。
私はこの作品を観て、「子供の方が、決断するパワーがあるのかなぁ」と感じたりしました。
アナは11歳の子供だけど、強くて、純粋で、とても愛情深い少女でした。


父親(ジェイソン・パトリック)も、兄も、弁護士(アレック・ボールドウィン)も、判事も、
病気と闘いながら一生懸命に生きる姉のケイトも
もちろん母親役のキャメロンディアスだって、出てくる人はみんなとても素敵なキャラクターでした。
病気の娘のために華やかなキャリアも捨てて闘う母親になりきるため、キャメロンディアスは全編ほぼノーメイクだそうです。
あ、プチ情報としては、兄役のエヴァン・エリングソン君は「24」でジャックバウワーの息子ジョシュを演じた子です^^






公式サイト(※注:音が出ます。)ではこのように締めくくっていますね。
さわやかに泣いた後は、生きていることへの感謝や、身近にいる人を愛することの大切さを、あらためて実感する。

本日より公開されています。
是非劇場でご覧ください。とても素敵な作品です。
私の中のあなた | ウーマンエキサイトシネマTBしています。
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2009-10-09 22:10 | 映画やドラマや本など