人気ブログランキング |
タグ:別れ ( 10 ) タグの人気記事

Follow 29Q_punch on Twitter

旅立ちました
12月8日
常念岳が美しく見える午後、みなみがセナのもとへ旅立ちました。
b0029706_12505792.jpg

最期は扁平上皮癌ではなく
長らく持っていた腎不全の末期症状でした



最後の夜

もう自力で立つことができなくなっているみなと一緒に寝ました

寝返りを打つこともできないので
同じ体勢が苦しくなったらピクっと小さく動く程度で

その度に起きて 部屋の電気をつけてみたのだけど

あるタイミングで 電気のリモコンが見つからず
私が起き上がって探して 電気をつけて振り向いたとき

動けないはずのみなが
私の枕の真ん中に移動していました

私が起き上がってリモコンを探したのは
一瞬のことだったので
とても信じられなかった

不思議なことは起こるものだね

最後の力を振り絞って
私に甘えてくれたの?

愛おしくて胸がいっぱいになり
小さなみなを包み込んで泣きました

低体温で 死んでいるのかと思うくらい冷たくて固くなっている
みなを抱きしめて このまま逝ってもいいよ と言ってあげました





旅立ちの朝

松本市街地が明るくなり始める7時前
常念岳は朝焼けに染まり オレンジ色に輝きました









お世話になった動物病院の先生に旅立ちの報告をしたら
「昨日の夜、こっちにも挨拶に来たよ」と言われました

退院のお礼に添えたみなの写真を飾ってくださっているのだけど
それが落ちたそうです

「一晩で二、三度貼り直したよ、何度も落ちたので」 と

律儀な子だなぁ
嫌がっている素振りを見せていたけれど
本当は先生が大好きだったんだね みな




ひとりでは
絶対に乗り越えられなかった

病院の先生 スタッフのみなさんは
どの方も とても優しく 私たちを支えてくれた


そして、ここで
こうして発信することで

とても
救われたし
がんばれました

感謝の想いは尽きません

今年2月の入院・手術から 退院後の闘病生活まで
私たちを見守り 応援してくださったみなさん
本当にありがとうございました

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2015-12-12 13:49 | 猫といきもの
伯父が教えてくれたこと
b0029706_23535334.jpg


信州は、紅葉がどんどんすすんでいます。

写真は10月6日撮影の代々木公園
東京の紅葉は・・・・もうちょっと後かなぁ・・・。










日曜日、昼間予定があったので、夕方3時に松本ICから高速に乗りました。
んで、途中事故渋滞があたので・・・京都に着いたのは夜7時。

お通夜だけ出て、伯父にお別れを言って、
久しぶりに集まったいとこ達と少し話して・・・

京都南ICに乗ったのは夜11時・・・・松本に夜中2時半に着きました。
京都での滞在は4時間。

月曜日が告別式だったんだけども
どうしても、どうしても、やらなくっちゃいけない仕事があって



伯父は、74歳だったと思いますが・・・仕事人間で・・・ずっと仕事をしていました。
作業中に事故が起きて、全身に火がまわり、大やけどで亡くなりました。

火達磨になった自分が、大事な書類を燃やしてはいけないと、まず、外に出たこと
外にいる人に消火してもらった後、自分で119番通報したこと
救急車の方に、最初に誰に連絡するか、判断して伝えたこと(伯母を驚かせないため)
病院の先生に全身火傷の度合いを聞いて、もう助からないのだと悟ったこと
伯母や従姉妹には、助からないと言わないでくれと医師に伝えたこと

そうして、
その後しゃべれなくなるまでの間に、話すべきことを話し
伝えることを全て伝えて、

やがて・・・
全身が腫れて、喉も腫れて、呼吸もできなくなり
昏睡状態に陥って・・・そうして、翌朝(土曜日)そのまま旅立ったこと・・・

亡くなった後でお医者さんが
「あの状況で、あのように冷静にご自分を判断できる方は非常にめずらしいです。大変立派な方です。」
と言われたそうです。





ずっと、ずっと、ずっと
仕事をしてきた伯父の、本当に勇ましく、カッコイイ最期でした。


そんな伯父だから・・・
仕事で告別式に出られない私のことも
笑って許してくれるような気がしました。






月曜日

事情を知らない女性が、必死でデータを作る私を見て
「あれぇ~?鯖猫さん、それ、明日でなくてもよくなったって、聞きませんでしたかぁ~?」
って・・・。



「・・・・・・・・・」


「・・・・あれ・・・?連絡、行ってなかった・・・かな?」と。









机の下で握り拳に力が入って、一瞬涙目になったけど・・・











中庭を一周歩いて、缶コーヒーを飲み終える頃には
心拍数も落ち着いており・・・・









きっと伯父ならこう言ったはず

自分のやるべき仕事を
感謝して一生懸命やり遂げなさい


と・・・。








月曜日は
誰もいなくなった会社で、ユンケル片手に
資料を仕上げて帰りました。

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2012-10-16 23:24 | 想う
さよならを言うために
b0029706_9281268.jpg




今朝、伯父が亡くなったとのこと
母からメールがありました



闘病していたわけではなく
突然の事故でした



高齢だから・・・

そんな風に
不慮の事故で亡くなるなんて
まったく想像もしていなくて・・・



可愛がってもらった伯母や
仲良くしてもらった従姉妹の気持ちを思うと
とても胸が痛みます
















明日

京都に帰ってきます

やさしくてカッコ良かった伯父に

さよならを言うために

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2012-10-14 01:19 | ささやかな日常
さよならジッペイ
日本テレビで放送されている朝の人気番組『ZIP!』。そのなかでもシンガーソングライターのダイスケさんと2匹のサモエドの兄弟犬ZIPPEI(じっぺい)が全国を旅する『スマイルキャラバン』は人気のコ...





今朝、番組終了直前に、突然じっぺいの訃報が発表された

昨日から信州の旅が始まったばかりなのに

初日の昨日は、松本城をバックに旅が始まり
波田のスイカ祭りに登場していた
b0029706_053494.jpg


美味しそうにスイカを食べているジッペイが印象的だった



じっぺいを想い
今夜は波田産のスイカを買ってきて

手を合わせました














たとえ

どんな事情や都合があったとしても

私だったら、1時間半も車の中に家族を放置するなんて
そんなこと
そんなこと

絶対にしない




暑くて
暑くて
助けを呼んでも声が出なくて

もがき苦しんで死んでいくなんて
せつな過ぎるよ
























つらかったね、じっぺい

どうぞ
心安らかに
虹の橋を渡れますように

















じっぺい兄弟のご冥福を心よりお祈りいたします

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2012-08-10 23:51 | 猫といきもの
お星様になったハナ
2012年2月17日19:48 ハナはお星様になりました
b0029706_11193019.jpg



これは、友人が最期のハナを撮って送ってくれた写真です。






ハナはエコ猫な人々メンバーでした。

ハナは、鯖猫が京都に住んでいた頃の友人のお宅のワンコで、
週末と祝日(年間120日くらい)のお散歩を5年間お手伝いしていました。

ハナとは不思議なお付き合いが続きました。

5年の間には、友人は結婚をし、ヨコハマに住むことになったのですが、
私とハナの付き合いは継続されました。(ご実家のお母さまとのお付き合いが続いた、というか・・・)

そして
私が信州に引っ越すことになって・・・ハナのお散歩が終了してからは・・・・
お体の悪いお母さまには、ハナのお散歩をすることは難しく、
後半の数年間は、友人の住むヨコハマに引き取られ、子ども達と一緒に家族として大事にされました。

ハナの最期を知らせてくれた友人のメールには、こう書いてありました。

ギリギリまで普通の生活を送ってくれたハナはすごく親孝行で、いろいろとよくわかってるヒトでした。
ハナは14年の生涯を終えました。
私たちも幸せでした。













ハナとのお散歩は、私にとって貴重な時間でした。
大型犬なので、お散歩も1時間くらい、たっぷり歩き、たっぷり遊びました。

お利口さんで、スーパーの買い物にもつき合わせたりした^^
駐車場に繋いで置くと、買い物をして出てくる私をじっと待っていた。

夏の暑い日には、噴水のある公園で、一緒に昼寝をしました。
横たわるハナの背中を枕にして、私は木陰で爆睡してしまったことがあります^^;

仕事でつまづいたときも、じっと話し相手になってくれた。
いっぱい、いっぱい、愚痴を聞いてくれた。










ハナ・・・
たくさんの思い出を
ありがとう




ハナの飼い主さんは・・・
散歩友達
落ち葉
散歩道4
初雪
タバコを捨てないで










さようなら
ハナ

ハナの記念写真










b0029706_12212164.jpg


今日は快晴で、常念岳がくっきり綺麗に見えるの
まるで、セナがハナを導いているように思えます
道に迷わず、お星様になれるよう


ハナ
セナはイイ奴だから
仲良くしてやってね

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2012-02-19 11:45 | 猫といきもの
散骨
昨日、常念岳に登ってきました。
土曜日は一日中雨だったので、山の中の緑はしっとり塗れており、鮮やかな色が美しかったです。
今シーズン最初の登山なのに、常念(2857m)てー、ムボウな・・・・・・
結局、往復で10時間かかったし、今日は全身筋肉痛と疲労倦怠感で仕事にならんかった^^;
b0029706_21311992.jpg

途中、何箇所も雪渓を登ることになりました。
雪が薄くなっている箇所、陥没している箇所、滑り出したらあの穴に吸い込まれて行くんだろうなぁ
と思うと本気で怖かったです。










登山道もふさいでしまうくらいの雪・・・・
6月のこの時期に、登山道にこれだけ雪が残っているなんて、驚きでしたー
b0029706_21312690.jpg


















今回の目的は、
セナの散骨でした。

どうしても常念に撒きたかった。


散骨については、賛否両論だそうですが、
法に触れないのであれば、
どうしても、
セナを常念に連れて行きたかった。


b0029706_21312379.jpg














それまで、
雲海の中にあった登山道なのに
常念小屋に着くと、
すっと視界が開けました。



常念小屋にザックを置いて、
セナの骨だけを持って、常念山頂を目指しました。



途中、ライチョウにも出会え、
至近距離でその雄雄しい姿を見ることができました。
(カメラを小屋に置いてきたのが悔やまれました^^;)




そして短い時間、青空が出て、空が晴れ、北アルプスの山々が360度のパノラマに出現し
遠く、槍のトンガリも見えましたよ。







山頂に着いて

セナの骨を撒き

さよならを言いました。




手の中で粉になったセナが

風に吹かれて、

飛び立って行きました。





常念岳は・・・・安曇野のどこにいても見えるし

常念岳は・・・・安曇野のシンボルなんだもん。










b0029706_21312917.jpg



セナ




私は、

これからも

毎日、常念を見上げて

暮らしていくよ

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2011-06-20 21:55 | アウトドア
四十九日
京都から帰ってきた5月20日は、セナの四十九日にあたる日でした。
b0029706_9504980.jpg




セナの死について・・・・

ご心配をお掛けしているたくさんの方々へ
あの日の朝、何が起きて、どうしてセナが命を落としたのか
ご報告する責任があるような気がして

何度も何度も ログインしては 書こう とチャンレンジしたのですが
結局途中で書けなくなって
ちゃんとした説明をできないまま 時が経ってしまいました。





今更ですが
このブログは 生活の記録のためにつけている意味もあるので
何があったのか 残しておこうと思います。




4月2日土曜の朝
いつものようにセナは私の枕元でニャアニャアと 柔らかい声でしゃべっていました。
前日の飲み会で夜更かしをしていた私は
「もうちょっと寝かせてくれ~ あっち行っててくれ~」とセナを手で払い・・・

セナは諦めて、隣りの部屋へ行きました。
そうこうしているうちに またいつもの2匹でのじゃれ合いが始まり
何やらドタバタと音がしていました。

すると突然、ガシャーンとストーブのロックが解除される音がして
(勢い余った猫らがストーブに体当たりするので、よくあることなのですが・・・・)
直後に
今まで聞いたことのないシャーという威嚇の声が聞こえました。



私の記憶に残っている音の情景はそれだけです。




ストーブのロックが外れる音がした、ことと
どちらかの猫がシャーと言った、こと







その後 部屋が静かになって
「あれ?収まった?」と思った私は布団から出て、隣の部屋の様子を見に行ってみました。

静まり返ったそこには
ストーブの横にグッタリ倒れているセナと
1mほど離れたところに座って じっとセナを見ている みなみがいました。


セナの目は白濁しており
舌は大型犬のようにダラリと横に出ていました

病院に連れて行こうと
小さく痙攣するセナを抱き上げると
全身の力は無く まるでつきたてのお餅のように ダラリとバランスを崩しました



その姿は
もう・・・


私の知っているセナではなかった



かかりつけの病院に着いたときには
もう既に命の炎は燃え尽きていました

診察台にのせ
先生が体のチェックをし
臨終を宣告して
最後の体重を測ってくれました

6.5kg
だってセナは巨猫団のメンバーだもの



先生の診断は
「心臓麻痺です。じゃれあってて、少しビックリしすぎたんだね。」
そして、こう付け加えた



「みなみちゃんが悪いわけじゃないからね」





この言葉は
後々、セナの死を乗り越える私たち(私とみなみ)の関係に
深い意味をもたらしました








生まれた時から ずっとニコイチだった相棒のセナを失ったみなみの方が
私よりも ダメージは大きかったようで
今でも みなみは 朝から晩まで 鳴き続けています
朝は4時に部屋をうろつき ただただ 鳴いて抱っこをせがみます。
私が仕事に行くときも 帰ってきたときも
部屋の中で「どうしてボクを一人にするの!」と私を責めるように喉を絞って 泣き叫びます。
台所に立っても トイレに行っても 洗濯をしに行っても ・・・・です。
みなみのそばを離れると 「一人にしないで!」と絶叫が始まります。

自分の悲しみに暮れてしまうよりも
みなみのために元気にならなくちゃ、と思うことで
私の立ち直りは早かったような気がします。




みなみの心が
「ひとり」の穏やかな生活に慣れるまで
まだまだ しばらくの時間がかかるかも知れませんが
気長に向き合おうと思っています。




はじまったばかりの 私たちの
ふたりぼっち生活を大事にしなくちゃ
と思っています。

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2011-05-22 10:32 | 猫といきもの
お星様になったセナ
b0029706_12335563.jpg




今までの全部

ありがとう

セナ




b0029706_1234429.jpg












旅立ちは

お気に入りのベッドに入り

お花を飾って

おもちゃを入れて・・・





このまま

amazonの箱に入って火葬へ行きました
(↑お気に入り)








小さな骨になって

さっき帰宅したところです








セナ

空の上から

みなちゃんのこと

見守っていてあげてね

















セナへのお悔やみの言葉
たくさんのコメントありがとうございます。
コメントバックができないことをお許しください。


しばらくの間
ブログの更新をお休みします。

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2011-04-03 12:42 | 猫といきもの
セナ
今朝9:30
セナが亡くなりました



b0029706_18402422.jpg





セナの声が消えた我が家は
静か過ぎて...





キミを失った悲しみを
乗り越えることが・・・できるのだろうか

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2011-04-02 15:16 | 猫といきもの
戻りました
夏風邪が治りきらず、一旦咳き込むと内臓が出てくるんじゃないかって状態になるので
そのことが・・・とても懸念されたのだけど・・・
告別式の間も、火葬場でも・・・自分でも驚くくらい、喉の状態が落ち着いていました。

大勢集まった親戚中で、年甲斐もなく最初から最後まで一番泣いていたのは
息を引き取るその瞬間にも、お通夜にも間に合わなかった私でした。
年の近い従姉妹は、「笑顔で見送ってあげてな」って・・・
私の肩を抱き締めてくれ、気丈に振舞っていたというのに。

享年74歳。
現代の70歳はまだまだ若いので、早過ぎたような気がして仕方ありません。
長く小学校の保健医を勤め、「健康オタク」とみんなが笑うくらい
健康には人一倍気を使う人で、私の食生活の不摂生を口うるさく叱ったものでした。

京都は祇園祭一色で
汗ばむ厳しい暑さの中、賑やかなことが好きだった伯母らしく
祇園囃子の音色にのって旅立っていきました。
b0029706_2154140.jpg

b0029706_21541141.jpg

2004年撮影より


Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2005-07-16 21:56 | ちょっと遠出