人気ブログランキング |
旅立ちました
12月8日
常念岳が美しく見える午後、みなみがセナのもとへ旅立ちました。
b0029706_12505792.jpg

最期は扁平上皮癌ではなく
長らく持っていた腎不全の末期症状でした



最後の夜

もう自力で立つことができなくなっているみなと一緒に寝ました

寝返りを打つこともできないので
同じ体勢が苦しくなったらピクっと小さく動く程度で

その度に起きて 部屋の電気をつけてみたのだけど

あるタイミングで 電気のリモコンが見つからず
私が起き上がって探して 電気をつけて振り向いたとき

動けないはずのみなが
私の枕の真ん中に移動していました

私が起き上がってリモコンを探したのは
一瞬のことだったので
とても信じられなかった

不思議なことは起こるものだね

最後の力を振り絞って
私に甘えてくれたの?

愛おしくて胸がいっぱいになり
小さなみなを包み込んで泣きました

低体温で 死んでいるのかと思うくらい冷たくて固くなっている
みなを抱きしめて このまま逝ってもいいよ と言ってあげました





旅立ちの朝

松本市街地が明るくなり始める7時前
常念岳は朝焼けに染まり オレンジ色に輝きました









お世話になった動物病院の先生に旅立ちの報告をしたら
「昨日の夜、こっちにも挨拶に来たよ」と言われました

退院のお礼に添えたみなの写真を飾ってくださっているのだけど
それが落ちたそうです

「一晩で二、三度貼り直したよ、何度も落ちたので」 と

律儀な子だなぁ
嫌がっている素振りを見せていたけれど
本当は先生が大好きだったんだね みな




ひとりでは
絶対に乗り越えられなかった

病院の先生 スタッフのみなさんは
どの方も とても優しく 私たちを支えてくれた


そして、ここで
こうして発信することで

とても
救われたし
がんばれました

感謝の想いは尽きません

今年2月の入院・手術から 退院後の闘病生活まで
私たちを見守り 応援してくださったみなさん
本当にありがとうございました

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2015-12-12 13:49 | 猫といきもの
<< 第30回 国宝松本城 氷彫フェ... ちょっとお休みします >>