からくり時計@JR飯山駅
先月の16日、野沢温泉道祖神祭りを見に行った帰りにJR飯山駅に立ち寄りました。
b0029706_111497.jpg

というのも・・・
来月2015年3月14日に北陸新幹線が開業するから、
開業前の飯山駅に来られるのは今がチャンス!って思っていたので、ぜひ立ち寄りたかったスポットなの。
北陸新幹線スペシャルサイト
ガラスには雪に覆われる飯山市街地が映っています。

b0029706_111552.jpg

鉄っちゃんでなくっても、テンションあがります^^



b0029706_1115822.jpg

まだ静かな飯山駅の新幹線ホームに通じるエレベータをあがると
そこにはオシャレなカフェ風の待合室っていうか、コミュニティスペースがありました。


b0029706_112153.jpg

中をお掃除していらした方が、「寒いでしょ。中は暖かいからどうぞ入って」と
オープン前の待合室に入れてくださり、そして、「もうすぐからくり時計の舞が始まりますよ」と教えてくださいました。

入り口に見上げる形でからくり時計が設置してあるの。
毎時00分ジャストにからくり人形の舞が見られます。
b0029706_112898.jpg


からくり時計の人形が舞うのは
長野県無形民俗文化財指定の五束太々神楽(ごそくだいだいかぐら)です。
神楽とは、神事の際に、神に奉納される音楽や舞のこと。
五束太々神楽は、飯山市の健御名方富命彦神別神社(たけみなかたとみのみことひこかみわけじんじゃ)に
伝わるもので、出雲流神楽を伝承した、舞う人が手に鈴や扇などを持って祈祷するものです。
b0029706_112998.jpg


左が恵比寿舞、浦安の舞で、真ん中が岩戸開き、そして右が鈴神楽です。
流れる音楽は、飯山にゆかりのある唱歌「ふるさと」と「朧月夜」です。

とても美しくて、じっと見入ってしまいました。

b0029706_1121170.jpg

北陸新幹線が開通すると、
東京から金沢まで約2時間半で行けるそうです。
すごいねー。

今日(というか昨日)から一般向けの試乗会が始まり
高い倍率の抽選に当たった人たちが、開業を前に北陸新幹線を試乗したそうです。

車両もすごくカッコいいので、
いつか北陸新幹線を撮りに行ってみたいです(^^)/
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2015-02-08 01:23 | ちょっと遠出
<< 食道カテーテル これからのこと >>