蕎麦の花2014
信州では短い夏が終わり、小さな秋が始まっています。
朝晩は虫の鳴き声が聞こえ、トンボが舞うようになりました。
そして、何よりも「秋がきたぞ」と思わせてくれる風景がこれ、蕎麦の花が満開になること。

b0029706_0102262.jpg



車を走らせていると、そこかしこに真っ白な蕎麦の花畑が広がっています。
いつもは安曇野界隈の蕎麦の花を撮っていましたが
今日は、初めて松本エリアの蕎麦の花を撮りに行ってきました。

b0029706_0102631.jpg


青空が広がっていたので・・・
少し低い姿勢から見上げてみましたよ^^

畑仕事をしていたおじさんが、
のけぞる私をじっと見ていました(^^;


蕎麦の花は茎が赤いんだよね。
ぎっしり詰まって生えていると、茎はあまり見えないのだけども
わりと隙間が多くあけてある畑では、このように綺麗な赤い茎が見られます。

b0029706_0102423.jpg



蕎麦の花はかわいいよね。
大好きです。

この後、花が枯れて、茶色になって、
どんどん水分が抜けて、カラカラになった頃、蕎麦の実が収穫されます。

そして、
やってくるは新そばの季節(^^)/
美味しいんだよ~
楽しみ~♪



また新そばのグルメレポートもしなくっちゃね^^
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2014-09-08 00:17 |
<< スーパームーン すすき川花火大会2014 >>