HOME愛しの座敷わらし
試写会に行ってきました。公式サイト



東京から岩手の古民家に引越してきた一家が、不思議な座敷わらしと出会うことで、
それぞれが自身を見つめなおし、家族のきずなを再生していく姿を描いた作品です。

キャスト:水谷豊、安田成美、濱田龍臣、橋本愛、草笛光子ほか
監督:和泉聖治
原作:荻原浩
脚本:金子成人




ウィキには、このように書かれていました。(以下引用)
座敷童子(ざしきわらし)は、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在。座敷または蔵に住む神と言われ、
家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承がある。

その起源だけれども、映画の中では、
昔東北地方で口減らしのために間引きされた子どもの霊だと言われている
と説明されていました。


なんだか胸の痛いハナシですね。



映画全体は、とても穏やかに、大きな波もなく、ほのぼのと描かれていました。
こういう映画の節々でウルウルきてしまう私は、年を取ったのかなぁ~なんて感じたりもして^^


ほのぼのしたい方は、ぜひ劇場でご覧ください。
今週末からの公開です。
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2012-04-27 00:55 | 映画やドラマや本など
<< 春の黄金週間 桜吹雪 >>