蕎麦の花
ひつじ雲が秋の訪れを告げ、稲穂が黄金色に輝きはじめると、
安曇野のそこかしこで真っ白な蕎麦の花が風に揺られる風景が見られます。
b0029706_2161833.jpg








穏やかな生活の中にも
時折悲しくてやりきれない行き違いがあります。

関係を修復するのに、どんな言葉が必要なのだろう。




責任の行方は、誰が見届けるのだろう。




なんだか

これっきりなのかも知れないなー

と思ったりしますが....






こうなることは1年前のあの日から予測されていたような気もします。

蕎麦の花が咲き始めていたあの日から。






出会いと別れは

偶然のようで、それは、必然なんだなーとつくづく感じました。



さようなら

今まで色々ありがとね。
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2009-09-13 21:17 | 季節の風物詩
<< 甘えたちゃんモード 海鮮丼 >>