タグ:美ヶ原 ( 2 ) タグの人気記事

Follow 29Q_punch on Twitter

ひとりプチ登山(つづき)
b0029706_21444419.jpg

今回のプチ登山の終点は美ヶ原高原であり、「山頂」って場所ではないし、
美ヶ原高原へは車で来ることもできますよ。

牛くんの後方に見える電波塔。流れる雲が切れるのを狙って撮りました。
(どの季節も美しい景色です。)
電波塔の横にある建物は王ヶ頭ホテルです。
王ヶ頭ホテルに泊まったときは、ホテルの送迎バスに乗せてもらいました。
松本駅前まで送ってもらえます。スタッフさんの楽しいガイドつきで送迎バスも良かったです~。
b0029706_21545347.jpg
下山の途中では、色んな高山植物やら昆虫に出会いましたよ。
コオロギもいたし、コガネムシも見つけました^^
b0029706_21552646.jpg
それから・・・
トリカブトも咲いていました。
b0029706_21560205.jpg
左側の紫の花ね、
たぶんトリカブトだと思います。違ったら教えてください(^^ゞ

途中白樺林を抜けて、アカマツ林と木の種類の変化も感じましたよ。
b0029706_21580336.jpg
足元を見るとキノコもちらほら見かけました。
キノコって、その形状はかわいいけど、毒は怖いよね~(^^;
b0029706_21593503.jpg
↓ベニタケの仲間だね。↓
チシオハツかな?確かなことはわかりません、、、キノコは難しいです。素人判断はダメだよ。
山の中で、こんな鮮やかな赤い傘で怖いくらい真っ白な柄の木の子を見ると
ギョっとします、、、、
b0029706_22061962.jpg
こんな風に景色やら、いろんな生き物を感じながら
ゆっくりゆっくり降りてきました。
一歩一歩に足の指の痛みが走り、とてもきつかったです。

たとえ初級者コースのプチ登山と言えども
自然を相手にするアウトドアで、「100%安心」なんてこと絶対にないのだから
体調や天候に不安があるときはやめておいた方がいいですね。
b0029706_22142712.jpg
いよいよ9月に入ったし、山の秋は駆け足でやってきます。
この緑の森も、すぐに色づいて、秋色に変わっていくことでしょう。

体調を整えて
美しい信州の秋を堪能したいと思っています。
b0029706_22193423.jpg
信州の山里では、今年も多くの熊の目撃情報が寄せられています。
山に入るときはラジオや鈴など、音の鳴るものを身につけてくださいね。



[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2016-09-10 21:35 | アウトドア | Comments(6)
ひとりプチ登山
本当はね、常念岳に行く予定だったんだけど・・・

週の始め、月曜日にちょっとしたアクシデントに見舞われ
どうやら足の小指にヒビが入ったらしく(動かせるんだけど)腫れがひかず痛みが残っているんだよね、、、

登山に行く準備と心づもりがバッチリ整っていたので・・・どうしても諦めきれず、、、

行先を変更
常念岳に比べたら、プチで気軽に行けてしまう美ヶ原に上ることにしました。

いろいろ登山ルートがある中でも
「三城」-「塩くれ場」の百曲りコースの往復です。
途中走って降りてくる男性二人とすれ違いました( ´艸`)
トレランの練習コースなのかぁ~と納得。

あ、前置きはさておき、
このブログは出来事の記録のために残しているので、
登山の途中で撮った写真をUPしておこうと思います。

スタート地点はこちら
三城いこいの広場 看板の横に登山口があります。
b0029706_20560089.jpg
300mくらい歩くと目印が出てきます。
目指すは「塩くれ場」
3.2km・・・プチでしょ^^
b0029706_20574625.jpg
ここから少しアスファルトの道を歩くので
え?登山ルート?って思うんだけど
b0029706_21042704.jpg
これが最初の目印ね
ここを抜けると、すぐにこの道標がでてきます。
b0029706_21043145.jpg
ここを曲がって山道に入るのね、ってわかります~
登山道っぽくなってきたぁ
よかったぁ
b0029706_21582915.jpg
沢に沿って歩いていきます。
b0029706_21583558.jpg
森林浴だね~
b0029706_21583917.jpg
苔やらシダやら
サンキューモイスチャーって感じです^^
b0029706_21584319.jpg
こんなん出てきました。
b0029706_21584598.jpg
で、また更に川に沿って歩くと
広小場っていう休憩所のような場所に出ます。
ここまでで汗だく~
ザックも背中の汗と熱でびっしょり

まだ1kmくらいしか歩いてないのにね
しんどいという感覚は全然なく、森の中のウォーキングって感じです。
とても気持ちの良い運動って感じです。

んで、
汗を拭いて、水分を補給して、塩飴をなめて
登山道に入ると、そこからは、クネクネと曲がりくねった道を行きます。
そんなに急でもなく、サクサク歩ける感じの登山道です。
b0029706_22130253.jpg
頭の上の木が切れて、パッと空が現れました~
b0029706_22130551.jpg
おおお~
雲が近いよ~
b0029706_22130849.jpg
王ヶ頭方面(ダテ河原コース)から来る登山客と合流するので
ここからどんどん人が増えました^^
b0029706_22203895.jpg
せっかくだから美しの塔まで行ってみるかぁ
あ!トイレだ。
b0029706_22204471.jpg
左側が女性用だね
b0029706_22204669.jpg
むふふ
かわいい~
なぜ牛ちゃんが描かれているかっていうと・・・
b0029706_22333758.jpg
ここは美ヶ原高原
毎年5月~10月の間、松本・安曇野の酪農家さんたちから牛くんが預けられているのです。
美ヶ原高原グリーンシーズンのシンボル的存在なんだよね~
b0029706_22362717.jpg
牛くんを横に眺めながら、美しの塔をめざして700mくらいかな、歩きます。
もう、すっかり雲の中なので、空気はひんやり
半袖だと寒いくらいですよ。
汗もどんどん引いてきました。
b0029706_22363193.jpg
美しの塔
鐘を鳴らして、ここでお昼ご飯を食べました^^

さて
帰ろう。

本日はシンプルに同じ道の往復です。
b0029706_22411562.jpg
「塩くれ場」っていうのはね
まだこの美ヶ原牧場が整備される前、牛に塩を与える場所が平らな大きな石だったそうで
「くれる」っていうのは信州の方言で「あげる」っていう意味なのです。
あれ?「くれる」って方言じゃない?みなさんの地域は使いますか?

鯖猫は関西人だったので、とても、不思議な響きに聞こえました。
「庭の花に水くれる」とか「水くれ当番」とか言いますが
それは「水やり」のことのようです。
初めて聞いた時「くれる?誰が?」って主語がわかんなかったなぁ~(^^ゞ

なので
この「塩くれ場」ってネーミングめっちゃ信州~!って感じでウフフな鯖猫です^^

さてさて、下山しますよ。
下りは、やっぱり痛めた足の小指が痛くて痛くて
登りと同じくらいの時間がかかりました~( ノД`)



あ~

長くなり過ぎて疲れて来たので
残りの話は別日にUPします~(^^;


[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2016-09-03 22:23 | アウトドア | Comments(4)