犀龍と小太郎モニュメント
坊や~ 良い子だ ねんねしな~♪(byまんが日本昔ばなし)
b0029706_013092.jpg

日本昔ばなしのオープニングで、竜の背中に乗っている男の子のアニメーションが流れますね。
あれって「竜の子太郎」という昔話から作られているのだそうですが
一説にはその「竜の子太郎」の元となったとも言われている民話
「犀龍と泉小太郎」というのが長野県にはあるんですよ。
民話には色々な言い伝えがあり、地域や人によって細かい部分はいろいろですが
概ね、こんなカンジです。


***********************

昔、安曇野から松本平にかけては湖だった。

湖の主の犀龍(さいりゅう)と山向こうの池の白龍王(はくりゅうおう)との間に生まれた

泉小太郎(いずみこたろう)は、湖の畔に住む老夫婦に人間の子として育てられた。

小太郎は、湖の水をなくして人々の住める豊かな郷土を作りたいと願っていた。

その後、親子は現在大町ダムがある尾入沢で再び出会い、

犀龍は背中に小太郎を乗せ、白龍王とともに山清路(さんせいじ)の岩を打ち破って

湖の水を日本海へ流し、この地を豊かな平野にした。

***********************



公園の坂を上がったところには
広い駐車場があり、龍神湖を一望できるようになっています。
民話にちなんで大町ダム湖は龍神湖と名付けられたそうです。
b0029706_1122120.jpg


b0029706_1123645.jpg



大町市には、この民話を臨場感たっぷり話してくれる語り手の方がいらっしゃる
民話の里おおまち小太郎がありますよ。
昨年私が訪ねた時は、たまたまお客さんがなかったので
私と友人の二人だけを前にして、ど迫力の「生語り」を聞かせていただけました(^◇^)
お子様連れのお母さん、どうぞ、一度おいでになりませんか?
語りの迫力にビックリして、小さい子は泣いちゃうかなぁ~^^;
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2007-11-10 00:29 | 季節の風物詩 | Comments(15)
Commented by at 2007-11-10 20:01 x
すごーい!龍神湖なかなかいい雰囲気じゃないですか。
小太郎と竜神の伝説も興味深いですね。

> 犀龍は背中に小太郎を乗せ、白龍王とともに山清路(さんせいじ)の岩を打ち破って湖の水を日本海へ流し、この地を豊かな平野にした。

意外と伝説って事実に基づいて語られているってことあるので、大昔こういう治水工事をした人(もしくは災害)があったのかもしれませんね。
私も、ど迫力の「生語り」聞いてみたいなぁ。
Commented by hidetatu32jp at 2007-11-10 21:17
こんばんわ
この最初の一枚、、、、、最高ですね・・。この一枚で自分が小さい頃、よく昔話を読んでもらったなとか、、他にもいろいろ懐かしい気持ちにしてくれます。この写真には幼い頃の人間の匂いを思い出させる力があります。
見る方の年代によって違うとは思いますが。
他にも写真自体、逆光を利用し雰囲気が出ています。雲の状態も良いと思います。いい物見せてもらちゃったなぁ!
Commented by takusukila at 2007-11-12 11:30
♪坊や~~良い子だ寝んねしなぁ~~。今も昔も変らずに~~♪ってヤツだよね? う~ん、良いお話だね~~~。 で、風景写真もいいけどさ~~。 兄弟の写真、もっと載せて(笑)。
Commented by rambling_rose at 2007-11-12 14:36
本物の日本昔話だ~!
たまにはこんなとこ行ってボケ~っとして癒されたいですね~ε=( ̄。 ̄;)フゥ
Commented by rider at 2007-11-12 17:32 x
民話って大好きだなぁ。
全くのお話って言う場合もあるんだけど、たいていの場合、何かしらの事実が入っていることが多いと聞きます。
 
昔は水害が多かったりして。。。
 

いいなぁ。こんなモニュメントがあってさ。
私、日本昔話大好きだったよ~。

Commented by eco_neko at 2007-11-12 20:38
★和さん
うわ!鋭いいいい!そうなの!そうなんですよ。ストーリーを簡単に書いたけど、詳しくはね、大雨が降るとすぐに湖の水が氾濫して、人々を困らせていたので、人々はこの湖が田んぼだったら、とずっと願っていたのでした。世紀の治水、利水事業の記念碑として、このモニュメントが建てられたのでした。今は、東京電力が管理する大きなダムですがね。
是非和さんにも大町の生語りを聞いて欲しいなぁ~
Commented by eco_neko at 2007-11-12 20:44
★ hidetatu32jp さん
わぁ、なんだか照れるなぁ~(^^ゞ だって hidetatu32jp のおサシン素晴らしく美しいんだもの。あの苔や紅葉の写真を見た時は、ひゃあ~世の中には上手く撮る人がいるんだなぁ~、と溜息がでたくらいです。
でもでも、とても嬉しいです。お褒めくださり、ありがとうございます。私も、こうして見に来てくださる方々に支えられ、残してくださるコメントに励ましていただいて、ますます頑張ろうううう!って思うのであります~^^
Commented by eco_neko at 2007-11-12 20:47
★雅子ちゃん
えへへ~
お出掛けネタがない時には、鯖猫家にゃんずで繋ぐっていうパターンが続いており(^^ゞ お出掛けがネタが充実している時は、にゃんずの出番が少ないんですよね~。 また、そのうちUPしますね~。鯖猫ブラザーズは元気ですよ~、元気爆裂でっす(^O^)/
Commented by eco_neko at 2007-11-12 20:50
★ rambling_rose さん
そうですね~。なんだか、写真は怖そうな逆光になっちまいましたが、広々として、緑の芝生が広がっていて、紅葉が堪能できて、お弁当広げて食べても楽しいし、昼寝をしても気持ちがいいし、読書をしても・・・。一人でも、仲間とでも、家族でも、きっと・・・どんな人にも癒しのパワーを与えてくれる場所だと思います。
Commented by eco_neko at 2007-11-12 20:54
★らいだあさん
そうそう!そうなのよ!するどい!↑の和さんのお返事にも書いたんだけど、水害が多かったので、人々は水に悩まされない生活を望んでいたのです。小太郎は人々のためになることがしたかったし、竜の母は小太郎をりっぱに育ててくれた人間になんとか恩返しをしたいと願ったのでした。もうねー、「語り」を聴くと、泣いちゃいそうになるのよ。どんどん引き込まれて、気持ちが高ぶって、童心に還るっていうか。昔話大好きならいだあさんにも、是非生語りを聴いてみて欲しいなぁ~^^
Commented by rider at 2007-11-13 22:57 x
おおお~!
今気づきましたよ!
和さんと似たようなこと書いちゃいましたね(^_^;)

やはり水害があったんだ~。

民話ってすごいな。

今ね、私、川の畔にすんでるんだけど、近くに龍神さんがいるんだ。
川がよく決壊したらしいの。

この辺も探したら民話あるかな。
Commented by eco_neko at 2007-11-15 00:40
★らいだあさん
そうですか。民話、あるかもしれませんね。
何か発見があったら、教えてくださいねー。
Commented by haruru at 2012-01-03 14:44 x
逆光の犀龍と小太郎モニュメント、素晴らしいデス。
私的使用で、画像、クレジット入りでお借りしたいのですが。
遠方の友人に出すハガキに入れたいと考えています。
乞う、許諾m(_ _)m
Commented by eco_neko at 2012-01-04 13:35
★haruruさん
はじめまして。ご来訪ありがとうございます。
こんな古い記事を見つけてくださったんですね。ビックリしています。

えっと、ここに貼り付けてある画像は、このままお持ち帰りいただいて結構ですが
低解像度のため、印刷には不向きですね。
基本的に、印刷用高解像度の画像は、お譲りしていないのですよぅ。

うーむ。どうしましょうか。
Commented by haruru at 2012-01-09 19:58 x
しょせんインクジェット用官製ハガキです。
それでも、私のプリンタの解像度でもナカナカの仕上がりです。
画像下のクレジットは以下の通り
┏━━━━━━━━━━━━
大町ダムの龍神湖にある龍の子太郎像(写真撮影:鯖猫氏)
┗━━━━━━━━━━━━
なお、haruruはアタシのパートナー氏で青木湖在住です(^^;
<< ご近所の末娘さん 大峰高原・大カエデ >>