大峰高原
の大カエデ。池田町のシンボル的存在です。
個人の所有ですが、連日観光客とカメラマンがわんさか詰め掛けています。
b0029706_2222347.jpg

だけど・・・心ない人が杭より中に入り根っこの近くを踏むから、この大カエデが弱っているの。

来年からは、立ち入り禁止領域があと2mくらい広げられるそうです。
250年もの間、多くの人々の心の安らぎとなってくれた樹を養生させてあげるためです。
ちゃんと理解して、みんなで守ってあげましょうね。
b0029706_2225476.jpg

信州の紅葉は、どんどん降りてきました。
安曇野は今が真っ只中、この3連休とともに終盤を迎えます。

信州は、標高差があるので、9月下旬頃から始まる高山から
11月中旬くらいに楽しめる南の方まで、長い期間紅葉を楽しむことができますねー。
秋に信州を訪れる方は、時期と場所をよ~く吟味して計画を立ててくださいね(*^^*)
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2006-11-04 09:18 | 季節の風物詩 | Comments(14)
Commented by yachiem at 2006-11-04 11:14
ほわぁ~、素敵~~☆
プリントして、飾っておきたくなるような写真です^^
色とりどりの紅葉と青い空が、たまらないっ!
Commented by takusukila at 2006-11-04 12:46
すっごく素敵ですね~。 後の空模様も、もちろんこの色とりどりのカエデも、綺麗~~(溜息)。 ↓お母様とご一緒に旅行されてたんですね? 親孝行されましたね~。 うふふ。 なんだか嬉しいです。
Commented by rambling_rose at 2006-11-04 17:55
1本でこんなに紅葉するんですね~。
紅葉っていろんな木がいろんな色になるのかと思ってた(~_~;)
若いときは紅葉なんて全然興味なかったのに、来週は私も紅葉見物の小旅行へ行ってきます。今からワクワク♪
大人になったってことね。。。
Commented by pyonjy at 2006-11-05 13:43
こんにちは。
私も先週末、お近くまで秋の信州を満喫してきました。
確かに紅葉終わってるとことそうでないとこと、いろいろのようですね。
春、夏はもう何回となく行ってますが、いいところだと改めて思いましたです。
Commented by ミュンコ at 2006-11-06 15:51 x
大カエデ、見事な紅葉ですね。
本当にいつまでもこの見事な紅葉を見ていたいから
みんなで守ってあげるのも私達にとって大切なことですよね。
鯖猫さんのブログで、たくさんの紅葉の綺麗な写真を
見て、とても幸福な気持ちになりました。
本当にありがとう~♪
Commented by miki3998 at 2006-11-06 19:11
この木何の木かえでの木~~♪、まあ、それにしてもいい形のカエデですね。色もいいわあ。確かにこの木を健康なまま保存するのは大変かも知れませんね。250年ですか・・・寿命が延びたといってもたかが80年、人間なんて足元にも及ばないなあ。
Commented by eco_neko at 2006-11-06 21:46
★やちさん
信州の秋は、やっぱり、そのスケールの大きさが魅力の一つなので、「寄り」で撮るのが好きな私も、広角狙いで頑張りました(^^ゞ
なかなかその雄大さも、大きいならではの美しさも、表現するのは難しいですね。お天気に随分左右されますが、実際に見た感動と自分の撮った画像とのギャップに、まだまだだなぁ~と反省する毎日でしたねー^^;
Commented by eco_neko at 2006-11-06 21:48
★雅子ちゃん
ありがとう。10月も本当に忙しくて、泣きそうな毎日だったんだけど・・・雅子ちゃんの言葉がね、何度も脳裏をよぎったの。時間を無理矢理作ってでも、、、、と思ったのです。本当にありがとう。
Commented by eco_neko at 2006-11-06 21:51
★ rambling_rose さん
うん、私もそう思いました。京都の良さも、大人になるまで全然わからなかったです。そして京都とは全然違う、信州の素朴過ぎるくらい手付かずの、山の紅葉が美しいと思えるようになったのは・・・・
お互い、大人になったのですね~(笑)
Commented by eco_neko at 2006-11-06 21:56
★pyonjy さん
お天気でよかったですね。私もpyonjy さんのお写真を見て、改めて、美しい信州を実感しました(笑) いや、ほんま。お写真上手すぎですって。9月下旬から11月の三連休まで、死ぬほど忙しく、近場の紅葉しか見ていないので、やっぱ志賀高原とか妙高高原とか黒姫とか・・・、そしてそして中央アルプス・南アルプスの紅葉は見そびれたなぁ~と悔やんでいます。来年こそは!!!
Commented by eco_neko at 2006-11-06 22:02
★ミュンコさん
ありがとうございます。
この樹の根元に落ちている美しい落ち葉を拾っているのは、決して悪人ではないのですよね。無邪気な子供達や、そして、少女のように無垢な感じのおばあさまや・・・。景観を損ねるから、立て看板もロープも張ってありません。小さな杭が打ち込まれているだけ。HP上で注意を促しています。多くのカメラマン達が三脚を構えて、じっと、その様子を見ていました。無邪気なその姿に水をさすような一言が言えず・・・だけど、樹を守るために、やっぱり注意してあげるべきだったような気がしています。
Commented by eco_neko at 2006-11-06 22:08
★mikiさん
そうですね。風雪に耐えて、長い歴史をずっと見てきたのでしょうね。
この平和な時代に生まれて、穏やかな日差しの中で、心安らかに、この美しさを観賞できる幸せをかみしめていました。そして、やっぱり、ルールを作ってでも、守るべきものを守っていく使命があるのだと感じたのですよねー。
Commented by sakurakura787 at 2006-11-07 23:24
何と、趣のある美しい木ですねええ
思わず、抱きつきたくなるような魅力を感じます♡
でも、やっぱりね、約束は守りたいですよね

NZに行った時、釣りをするにも、山を散策するにも、
きちんとしたルールがあって、少しでも破ると罰金があり、
地元の人たちは、罰金を払いたくないから、ではなくて、
本当にこの自然を守りたいから、この国の財産だから、
という思いで、ルールを守っている姿に感銘を受けました。

自分だけなら、って思う人が10人いたら、もう「だけ」じゃない
ですよね。
Commented by eco_neko at 2006-11-10 00:06
★さくらくらちゃん
あ、私もNZでね、ペンギンを見に行ったのですよ。そん時にね、「お静かに願います」ではなく「静かに!」みたいな看板とか、「フラッシュ撮影厳禁!」みたいな看板が目にとまりました。観光客に媚びるような表現ではなく、ペンギンを守ることを第一に考えた姿勢が、日本ではあまり見ないので・・・すごく新鮮だったなぁ。アメリカでも、カナダでも・・・日本とは随分違う形で、自然保護と向き合っている姿勢を感じる場面がありますよね。
<< 初霜・初氷 八方尾根 >>