難聴と共に走る
b0029706_21242875.png
走る日のお天気は・・・できれば、快晴でないほうが走りやすいです(^^ゞ
厚~い雲がかかっていて、1mくらいの風が吹いているのが好きです。↑↑↑熱気球も風が苦手だよね^^




突発性難聴を発症してやめてしまったランニングを再開したのは
今年の1月のことです。

人生初のフルマラソンにチャレンジすると決めたから。

それからほぼ毎日走っています。
難聴は治らないどころか、走ると酷くなる感じがあるけど・・・
耳鼻科の先生曰く、それは交感神経が活発になっているから、なのだそうで。
嬉しいことも、悲しいことも
高揚しているときも、落ち込んでいるときも
とにかく耳鳴りがひどくなることは
「交感神経が活発になっていますよ」と体が出しているサインなのだと
素直にそのサインを受け止めることが大事なのだそうです。


んで、私
無駄に悲観するのはやめよう、と。
決めたの。


だから
たとえ耳鳴りがしようが、頭痛がしようが、めまいがしようが、
走りたいときは走るz。



走っている時間は、いろいろなことを考えます。

調子のいい日もあれば、1㎞も走れないくらい体が重い日もあります。
膝が痛くなる日もあれば、風を切るように走れる日もあります。
ただ、体のサインには理由があるってこと。
そこを考えたりします。



それは、人生にも似ているね。
よく言われることだけど。

やる気とは別の、その日のコンディションってものがある。
向かい風で前に進まない日もある。
追い風は「ちょっとちょっとちょっとおおお」と思ったりもする(^^ゞ

ただ・・・
練習を重ねていくうちに
少々の向かい風ではスピードダウンしないランができるようにはなります。
うん。上り坂も同じ。



いつか
ブロック塀もトタン屋根も、一足飛びのジャンプでヒョイと上がって脱走できるよう(え?逃?)
後ろ足を鍛えておきたいと思っている鯖猫です(=^・^=)


おさかなくわえた鯖猫~おおっかけぇてぇ~♪♪




[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2017-07-25 22:05 | ランニング | Comments(0)
<< 30㎞走練習 走った後はヒンヤリおろしそば >>