TRT療法
b0029706_14182876.jpg

TRT療法というのは、音響療法の一種で
静かな環境では、耳鳴りが際立ち、どうしても耳鳴りに注意が向いてしまい苦痛を感じるので
耳鳴りが少しだけ聞こえる程度の音量の自然の音や治療音を流すことで
脳をだまし、耳鳴りに向ける注意をそらして、苦痛を軽減することを目的としています。



もう、あなたの耳鳴りが消えることはないと思います
と言われた後に取り組む治療法の一つみたい。




いや、もちろん
補聴器を装着する生活には違和感はあります。

補聴器から流れてくる音と、耳鳴りの音は違いますからね

補聴器をしているからといって、耳鳴りが軽減されることは・・・


今のところ
全くありません。





貸出期間に効果が出ることはまずないので、多くの人は
お試し貸出期間が終わると、
98,000円出して、自分仕様のものを作ってもらい、購入することになります。
医療費控除の対象になりますよ、とは言われたけれど・・・やっぱりイタイ出費です。


病院は完全予約制なので、待合室に人がたくさんいることは少なく
いつもポツンと一人で座っていることが多いのですが

こないだ行った時は
5人ほどの人が待合室に座っていました。

殆ど聞こえないような人もいるようで
看護師さんは、何を伝えるにも、患者の目を見て、はっきりと、ゆっくりと、大きな声で話してくれます。

私と同じ補聴器をしている若いサラリーマン風の男性がいました。

一人の女性が私に「治るかしら」と不安そうに話しかけてきた。



いつもの
長野県での生活の中には

同じ病気で苦しんでいる人が周りにいないので
わりと孤独です。


この日初めて
自分と同じ病気に苦しむ人を見た鯖猫は
TRT療法に対する気持ちに少し変化が生まれたような気がします。


鯖猫はその女性に
「良くなるといいですね」と言ったけど、それは自分への願いも入っていたと思う。


補聴器外来

と書かれた診察室のボードをボーっと眺めながら、これからのことを考えました。
ダジャレで締めくくり(^^ゞ
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2016-05-04 14:21 | ささやかな日常 | Comments(4)
Commented at 2016-05-10 22:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eco_neko at 2016-05-11 00:09
★鍵コメさん
ご無沙汰しております。コメントありがとうございました。
また、ご心配いただき、本当にありがとうございます。

ペットは「面倒をみる」というより、その存在に救われる部分が大きいような気がします。
猫たちのふわふわや、あったかさや、その真っ直ぐなまなざしに
どれだけ救われてきたかを痛感する毎日で、まだまだ失った寂しさは癒えないですねぇ。

私も、鍵コメさんのお写真、また拝見したいなーと思います^^
Commented at 2016-05-16 16:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eco_neko at 2016-05-17 23:37
★鍵コメさん
こんばんは。ご心配いただき、ありがとうございます。
原因のわからない難聴をひっくるめて「突発性難聴」というそうで
その中には、突然聞こえなくなった人や耳鳴りがする人や、いろんな症状が含まれているそうです。
発症から月日が経ってしまったので、もう治らないそうです。

鍵コメさん、できれば早い段階で、症状が軽いうちに
一度耳鼻科を受診されることをお勧めします。
重症になる前に治療しておくことに越したことはありません。
どうぞお大事になさってくださいね。
<< 中山高原の菜の花畑 補聴器生活 >>