病理検査の結果
やはり・・・癌でした。
扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)と診断されました。
初めて耳にする病名でした。

再発性の高い腫瘍であり、局所再発について注意が必要だと、ラボからの診断書に書いてあった。
つまり・・・他の内臓や骨や脳に転移する可能性は低く
同じ口腔内に再発するのだそうです。

浸潤性が強く、
末期には顔の皮膚を腐らせて、強い臭いを放つとのこと。



b0029706_0124068.jpg

食道カテーテルを入れるところまでは、生きるための決断でした。
「延命」ではなく、これから、長く元気に生きるための選択でした。
病理検査の結果が「良性」であるようにと、いちるの望みをかけて・・・。


だけど

悪性だと診断された以上
もう完治はしないのだと分かった以上
これ以上はもう、ツラい手術を強いたりはしないよ

みな

後は、静かに暮らそう
その日が来るまで


そして、
再発したら・・・その時は・・・

顔の皮膚が腐って、地獄のような痛みがキミを襲う前に
ちゃんと眠らせてあげるから・・・心配しないで
笑顔で虹の橋を渡ってセナに会えるようにね





みなの回復を喜んでくださったみなさん
ありがとう。そして、ごめんなさい。
[PR]

Follow 29Q_punch on Twitter

by eco_neko | 2015-02-10 23:58 | 猫といきもの
<< ハンモック 食道カテーテル >>